映画『ブラインドスポッティング』8月30日(金)公開決定


8月30日(金) に公開決定した『ブラインドスポッティング』をご紹介

サンダンス映画祭、SXSWほか世界の映画祭で絶賛! バラク・オバマ元アメリカ合衆国大統領が2018年のベストムービーに選出し、全米映画批評No.1サイトRotten Tomatoes で驚異の94%!! 保護観察期間残り3日間。 地元オークランドで何の問題も起こさずに、無事に乗り切ることができるのかー。

オークランドが地元で人種の違う二人。保護観察期間の残り3日間を無事に乗り切らなければならないコリンと幼馴染で問題児のマイルズ。 ある日、帰宅中のコリンは発砲現場を目撃する。この事件を切っ掛けに、コリンとマイルズは互いのアイデンティティや、急激に高級化する生まれ育った地元の変化などの現実を突きつけられ、2人の関係が試されることとなる。 コリンは残り3日間耐えれば自由の身として新しい人生をやり直せるのだが、問題児マイルズの予期できぬ行動がそのチャンスを脅かす。 物語はオークランド育ちの親友2人の間にある、見えない壁を次第に曝け出す。 “ブラインドスポッティング”とは、2通りの見方が可能なシチュエーションやイメージ。 ただし、一度に片方しか見ることができず、もう片方がブラインドスポット(盲点)となる。

ヒスパニック系白人のスポークン・ワード・アーティスト、教育者、舞台脚本家であるラファエル・カザルと、ブロードウェイミュージカル「ハミルトン」で脚光を浴びトニー賞を受賞、黒人ラッパー兼俳優のダヴィード・ディグス。ベイエリアの高校で出会い、共にフリースタイル・ラップをしながら育った2人が脚本・主演を担当した本作は友情の話であり、オークランドを舞台にした人種の違う者や貧富の差がある者同士が混在することによって起こる問題を描いた物語 監督:カルロス・ロペス・エストラーダ 脚本:ダヴィード・ディグス/ラファエル・カザル 出演:ダヴィード・ディグス/ラファエル・カザル/ジャニナ・ガヴァンカー/ ジャスミン・ケパ・ジョーンズ/ウトカルシュ・アンブドゥカル

『ブラインドスポッティング』

🄫2018 OAKLAND MOVING PICTURES LLC ALL RIGHTS RESERVED

8月30日(金)より新宿武蔵野館、渋谷シネクイントほかロードショー

配給:REGENTS

BLINDSPOTTING.JP

#film

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
SITE MAP
ARCHIVE
SNS
  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle

Copyright (c) 2020 PLUS VOUS TOKYO All Rights Reserved.

© 2023 by My Weight Lost Journey. Proudly Created with Wix.com

© 2015 by plus vous tokyo. Wix.comで作成したホームページです。