ドキュメンタリー映画「ディオールと私」3月14日より公開


~ラフ・シモンズが手がけた「クリスチャン・ディオール」のオートクチュールコレクション~

 2014年4月にニューヨークのトライベッカ映画祭で公開されたドキュメンタリー映画「ディオールと私(原題:Dior and I)」が、2015年3月14日(土)よりBunkamuraル・シネマ他全国で上映される。

 本作品は、ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)が初めて手がけた、フランスの老舗ブランド「クリスチャン・ディオール(Christian Dior)」オートクチュールコレクションの舞台裏に迫るドキュメンタリー映画で、世界中が注目するBIGメゾンのコレクションを成功させるために、デザイナーやモデリストをはじめ職人たちが献身的に仕事に取り組む姿に密着している。

 2012年、「ディオール」のクリエイティブディレクターに就任したラフ・シモンズは、オートクチュールは初の試みのためファッション業界では大胆な人選と騒がれる。また、通常のコレクションでは準備期間を約半年近く必要とするが、わずか8週間という限られた時間の中で発表しなければならず、プレッシャーにさらされるファッション界の日常と、伝統あるブランドの過去との不思議な共鳴を織り交ぜながら展開される。

 この映画は、通常は公開されない深いところまで踏み込み、デザイナーとアトリエで作業をする職人たちの”思い”のぶつかり合いや、疲れを見せず精力的に取り組むそれぞれのクリエイティブなプロセスなど、デザインハウス内部で行われる作業を克明に映し出しながら深く掘り下げている。

 公開された本作の貴重な映像を見ると、悩ましい表情で仕上がり途中のドレスを見つめるデザイナーや、伝統を支えているお針子たちが試行錯誤しながら一つ一つのパーツを丁寧に作り上げていく様など、一枚のドレスが出来上がるまでの緊張感のある裏舞台の様子が伝わる。

 コレクション当日の朝まで、修正に次ぐ修正のうえ仕上がったドレスたちは、花の香りに圧倒される会場に到着。デザイナーラフシモンズとメゾンの職人たちのこだわりが詰まったドレスを身にまとったモデルたちがランウェイをエレガンスに歩く姿を、観衆たちがうっとりとした目で眺める。シャイで人前に立つことを嫌がるラフも、感極まって会場へ。。。

オートクチュールに携わる人々や彼らの仕事、そしてクリスチャン・ディオールの伝統を結ぶ絆、これらを深く掘り下げたドキュメンタリー映画である。

【 作品情報 】

『ディオールと私』 公開:2015年3月14日より Bunkamuraル・シネマ他全国ロードショー 配給:アルシネテラン/オープンセサミ 提供:アルシネテラン/オープンセサミ/Bunkamura 監督・製作:フレデリック・チェン 製作:2014年・フランス

2015年3月5日 Copyright © 小堀ひろみ

#event

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
SITE MAP
ARCHIVE
SNS
  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle

Copyright (c) 2020 PLUS VOUS TOKYO All Rights Reserved.

© 2023 by My Weight Lost Journey. Proudly Created with Wix.com

© 2015 by plus vous tokyo. Wix.comで作成したホームページです。