現代らしい「いき」を探す matohu(まとふ) 17-18年秋冬コレクション


堀畑裕之(Hiroyuki Horihata)と関口真希子(Makiko Sekiguchi)がデザインする「matohu(まとふ)」の2017-18年秋冬コレクションが、3月21日(火)に東京・増上寺で発表された。

今シーズンは、江戸の町人の間で生まれた美意識「いき」をテーマに、江戸時代中期に流行した縦縞模様をオリジナルのテキスタイルに落とし込み、現代女性の粋な美しさを表現した。

ゆったりとしたフォルムのアイテムが多く、丈の長いジャケットやコートに、やわらかくフレアが効いたワイドパンツやロングスカートなど、全体的に縦長でボリュームのあるシルエットで女性らしいしなやかなラインを出していた。また、外から見えない内側に色を使う「裏まさり」の技法を取り入れたことで、歩くたびに織柄や鮮やかな色合いが内側からのぞくさりげない隠れた色気を魅せた。ふとした折にちらりと見える自然とにおい立つような色気、まさに日本の美意識「粋」を求めたコレクションだった。

#show

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square