第34回東京国際映画祭 試写日記①

オープニング作品の試写は朝一番のスタートでした。いつもオープニングを逃していたので今年はスタート地点にやっと立てた感じです。

【1日目】

            ©2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved



『クライ・マッチョ』

監督・主演・製作:クリント・イーストウッド。集大成にして新境地。「勇気」「希望」「友情」「愛情」多くの人生を噛みしめてきたイーストウッドが描く「本当の強さ」の価値観を変える感動ドラマ


作品はイーストウッド50周年作品ということもあり彼の「ダーティ・ファイター」「ブロンコ・ビリー」なども思い出す過去の作品想い出が詰まったような作品でした。そして最後までこれを使わないんだと、、タイトルの意味も深い気がします。共演のエドゥアルド・ミネットとのコンビもなかなかです。

2022年1月14日より公開


監督:監督:クリント・イーストウッド

出演:クリント・イーストウッド、エドゥアルド・ミネット



【2日目】



© 2021 Mod Producciones, S.L. / La Loma Blanca Producciones Cinematográficas, S.L. / La Hija Producciones la Película, A.I.E


『ザ・ドーター』

少年犯罪者の更生施設に住む少女が妊娠する。施設の教師とその妻は、人目を避けて出産できるように少女と山小屋で共同生活を始める。雪の中で展開される衝撃的な心理ドラマ コンペティション部門作品


オープニングから引き込まれ、山々にかこまれた自然の中で自然なものに逆らうかのように、ある〝協定〟を実行するために進行する。主従関係が壊れるのは本能が働くから。


監督:マヌエル・マルティン・クエスカ

出演:イレネ・ビルグェス、ハビエル・グティエレス、パトリシア・ロペス




                                ©2021ANGFILM



『カリフォルニエ』

イタリアの小さな町に暮らすモロッコ人少女の9歳から14歳までに至る5年間をドキュメンタリー・タッチの映像で描く。ドキュメンタリー監督カッシゴリ&カウフマン初の劇映画。コンペティション部門作品

『6歳のボクが、大人になるまで』とやはり比べてしまいますが、彼女の5年間は貧困の中で夢と現実に挟まれながら14歳で家族を養う大人を演じなければならないから 知から強い作品でした。


監督:アレッサンドロ・カッシゴリ、ケイシー・カウフマン

出演:ハディージャ・ジャアフリ、イクラム・ジャアフリ





Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square