第34回東京国際映画祭開幕!

2021年10月30日に第34回東京国際映画祭がスタート。六本木から有楽町・銀座店日比谷地区へと会場を移し、レッドカーペットは東京国際フォーラムCにて。今年はフランスを代表する大女優であり今年の審査委員長を務めるイザベル・ユペールほか豪華なゲストが華やかな姿でレッド・カーペットに登場




チェアマンの安藤裕康氏は「昨年に続き、今年も映画祭を開催できるか最後までヤキモキしましたが、本日こうして沢山のお客様をお迎えして無事開会にこぎつけることができ、感無量です。そんな困難の中でも、会場を17年ぶりに六本木から日比谷・有楽町・銀座地区に移転できたのは、官民の多くの方々の協力のおかけだと感謝しております。加えて、新しいプログラミング・ディレクターの市山尚三氏に各部門の再編と作品の質の向上に尽力していただきました。新約聖書の中に「新しき酒は新しき皮袋に盛れ」という言葉がありますが、まさに会場とその中に盛る作品を一新した今回の映画祭、これからの10日間が、国境を越えて、映画を愛するすべての人々の学びと共感の場となることを願いつつ、ここに第34回東京国際映画祭の開幕を宣言いたします」と、開幕を宣言




アンバサダーの橋本愛さん「コロナ以前はレッドカーペットの周りにお客様がいらして、年に一度、稀にある皆さんと交流できる楽しいイベントだったので、今年は熱気を感じるような空気ではないにしても、こういう状況で映画祭が開かれたんだということの有難みを感じています」とコロナ禍での開催となった今年の映画祭への思いを語った。


審査委員長のイザベル・ユペールさん「このようなコロナ禍において映画作りをするのはチャレンジです。そしてこうした映画祭を開催されたということは勝利だと思います。ここに他の審査員と共に立ててとても光栄に思います。私たちは一緒に映画を観たい。それが、コロナ禍において私が一番やりたかったことです。今回、コンペディションのセレクションを見ると、素晴らしいセレクションだと思います。私たちには映画は必要です。そして映画は私たちを必要としています」と力強く映画祭へとエールを送った。

30日から始まった映画祭は126本の上映を行う。


名称:第34回東京国際映画祭

開催期間:2021 年 10 月 30 日(土)~11 月 8 日(月)

会場:日比谷・有楽町・銀座地区  

公式サイト:www.tiff-jp.net


©2021 TIFF

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square